借金の消滅時効とは

借金をしているときに、もしかしたらなしにすることができるとしたらどうでしょうか。
それも、自己破産のようなダメージが残る方法ではなく、消滅させることができるとするのであれば、選択したいと思うかもしれません。
そんなことが起きる場合があるのが、消滅時効というものです。
消滅時効を援用することにより、ある一定の借金をなかったことにすることができます。
ですが、何でもできるわけではありません。
誰から借りたのかということが重要となるのです。

借金というものは、必ず相手がいます。
個人から借りることもあるでしょうし、貸金業者からというケースもあるでしょう。
その相手は、どんな目的によって貸し付けるか違いがあると考えることができるのです。
つまり、この目的によって、借金というものの意味に違いがでてきます。
これが、時効に関しても期限が異なる理由となってくるのです。

消滅時効ということは、借りていたということ自体が消滅します。
この時効を援用するといいますが、ただ時間を待っていてもうまくいくものではありません。
ほかにも、様々な条件がそろったときのみ、援用することができ時効が完成するのです。

こうしたことは、知っているかどうかというところが、大きな分かれ目となるでしょう。
何も知らないでいると、消滅時効が成立するのに、自ら中断させてしまったりすることも出てきてしまいます。
借金をして、時効まで引っ張るということは、消していいことではありません。
ですが、権利として知っておくことができれば、有効に使っていくことはできるでしょう。

Copyright © 2014 借金を時効にさせたい!援用手続きの方法とは? All Rights Reserved.